開催日:

<6月開催>育児介護休業法改正対応方法解説セミナー

掲載日:2022年05月11日

講師:

2022年4月の法改正、規定の変更のみでは

予防できないリスクがあります!

今からでも間に合う法改正への対応方法を解説!

育児介護休業法改正対応方法解説 セミナー概要

今年10月から新設される産後パパ育休の要注意ポイントを中心に、規定変更のよくある勘違いと注意点実際に運用する際に生じるリスク回避方法を解説致します。

10月の法改正の内容とあわせて、4月の個人情報保護法改正やトラブルのもととなる社用車の取り扱いについても解説します。
これらの対応は予め規定を定めておくことで解決できます!

<今年10月から新設される産後パパ育休の要注意ポイント>

申し出期限を2週間前から1ケ月前にしたい
・産後パパ育休中の従業員に緊急時などは働いてほしい
・対象者を1年以上働いている従業員に限定したい

最近ご相談が増えている3つの分からないポイント

1.各条文内に出生時育児休業の文言を入れる作業があるがどこに、どのように追加すればいいか分からない

2.育休を拒む対象者を記載するための労使協定が変わるがどのように対応すればいいか分からない

3.規定が法律を下回っている場合、助成金不支給のリスクがあるが、その基準が分からない

上記のようなお悩みはございませんか?

本セミナーでは多くのお客様からご相談をいただく内容やトラブルにつながりやすい事項への対応方法を解説します。

□開催日

・6月14日(火)10:00~10:40

・6月16日(木)14:00~14:40

※両日程同一内容

□講師

・社会保険労務士法人アミック人事サポート 社会保険労務士有資格者 小宮山達也

□費用

無料

□会場(開催方法)

WEBセミナー(ZOOM)

参加特典

<経営者様・決裁権者様対象>

セミナーにご参加頂きますと、参加特典として無料で個別相談会を実施いたします。

※個別相談会当日に、経営者様・決裁権者様のご同席があれば、担当者の方もお申込みできます。

※セミナーはどうしても多数向けの発信となるので各社ごとの個別事情の考慮が出来かねます。解決策として、無料の個別相談会を参加特典としてご用意しております。本気で『労務環境改善をしたい』とお考えの方のみ、無料でご相談をお受けしますので、相談会当日の経営者様・決裁権をお持ちの方のご参加が必須となります。参加特典をご希望の方はお申込みの際、「特典希望欄」へのご記入をお忘れのないようにお願いいたします。

セミナーチラシ